飲食業:税理士 名古屋/名古屋市の税理士事務所

居抜き店舗の活用−名古屋のよねづ税理士事務所


飲食業に強い名古屋の税理士

「今は雇われだが、独立して自分の店を持ちたい!」
「最初は小さくても良いから個性的で洒落た店を開業したい!」
「現在、1店舗を経営していて売り上げもそこそこあるが、現状維持が精一杯、できたら2店舗、3店舗で稼ぎたい。」


 そんな夢をもちながらも、手持ち資金が少ないことが理由で実現できないという方が多くみえます。


 そこで「超低投資ビジネスの提案」です。


 居抜き物件を再生することにより「超低投資」でお店を持つのはどうでしょうか。

 但し、廃業した店舗を活用するわけですから、それ相応の成功ノウハウが絶対的に必要です。

 いうまでもなく居抜き店舗とは、以前営業していた店舗を、そっくりそのまま譲りうける契約の店舗です。

 厨房設備、空調機器、イス、テーブルなど什器備品までお店の営業に必要なものが一応は揃っているわけです。

 つまり一般のカラ店舗(内装工事が施されていない店舗、または内装をすべて撤去してある店舗)と違って資金の少ない人にとっては最大の魅力です。

 しかし居抜きにはマイナス面と大きなリスクも伴うことを認識した上でかからないと、大きな失敗につながる可能性も秘めています。


【居抜き物件活用のメリット】

●家賃や改装費などが安く押さえられる。
●初期投資が少なくて済むので、手持ち資金が少ない場合、借り入れも少なくて済む。従って融資も比較的請けやすくなる。
●設備がそのまま使える場合もあるので、開業資金が少なくてすむのと、短期間でオープンできる。
●カラ店舗より開業資金が少なくてすむということは、同じ投資額でもより規模の大きいビジネスが可能になる。
●前の店の顧客も取り込める可能性がある。


【居抜き物件活用のデメリット】

●レイアウトが使いづらいことがある。
●業態により以前の調理機器が使えないものが出てくる場合がある。
●建物、設備の老骨化による問題が起こりやすい。
●前の店の悪いイメージを引きづりやすい。



 居抜き物件には以上のようなプラスとマイナスの両面ありますが、物は考えようです。

 マイナス面があっても既にある内装を活用するという視点をもてば、色々と工夫できるものです。
 どうしても変えたいと思うなら、オープン後、資金の余裕ができてから改装すれば良いのです。


 むしろ、ビジネスに徹して考えれば、低投資で効率のよい利益を上げるチャンスととらえることもできます。
 
 では、立地の良し悪し、店の形、設備什器については何を基準に選べば良いのでしょうか? 

 はっきりいってこの判断はプロの視点からみないと困難です。

 現在、全国で数多くの廃業店舗物件が生まれています。こうした居抜き物件を、上手に利用すれば通常の3分の1から5分の1の超低投資で新規出店が可能になります。

 私どもコンサルタントグループを上手に使ってください。

 物件情報、居抜店舗検索、立地調査、資金調達の為の事業計画書作成、店舗コンセプトから店舗デザイン、メニュー開発、オペレーション指導、開店後の運営指導までの総合支援をソフト、ハードの両方からさせていただきます。

 これから開業を考えている方、既に経営されている方を問わず飲食業に携わる方の悩みにすべて対応できる経験豊富なスタッフが皆様の悩みや相談に丁寧にお答えします。

 まずは、問合わせください。

飲食業:税理士 名古屋/名古屋市の税理士事務所

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi